まずはパーティドレスとはどんなドレスか基本から説明

友人や知り合いの結婚式に呼ばれた際、初めてで何を着ていけばわからない、という女性の方もいることでしょう。男性の場合はスーツが基本なので特に迷うことはありませんが、女性の場合では普段ビジネスの場で着ているようなスーツでは浮いてしまうこともあります。結婚式はハレの場であるため、女性の暗い色で統一されたような恰好やフォーマルの場に合わないような派手すぎる格好は基本的にNGとなります。華やかさと清楚さ、その二つを両立したコーディネートをする必要があるのです。もちろん、デザインがシンプルなワンピースなどに、リボンやアクセサリー類を組み合わせて華やかさを出すこともできますが、よほどコーディネートに自信のある方でないと難しいでしょう。そこで便利なのがここで紹介するパーティドレスです。

パーティドレスでコーディネートを楽に

パーティドレスとは、結婚式などの御呼ばれの場に相応しいように、華やかさと清楚さを考慮してデザインされたドレスのことをいいます。形としては、ひざ丈のワンピースと形容するのが分かりやすいでしょう。花嫁の衣装と被ることや花嫁よりも目立ってしまうことを避けつつ、結婚式の場に合った華やかさを演出することができます。結婚式以外ほぼ使うことはできませんが、結婚式では一枚あるだけで着るものの悩みがなくなる最強のアイテムと言って過言はないでしょう。色は明るい色ならベージュ、ピンクなど、暗い色なら紺や青、黒など様々な色があるので、自分に合った色を探すことができます。一着の色数は少ないですが、生地と同系色のレース模様や、大きめのリボンなどで華やかさも十分に引き出しています。基本のシルエットがシンプルなので、靴やバッグなどと合わせやすいのもうれしいポイントです。

パーティドレスの合わせ方の基本

如何にパーティドレスが結婚式の最強アイテムといえど、単体で着ていくわけにはいきません。ワンピースなどよりは考えることは少ないですが、最低限のコーディネートはしていく必要があります。まず、パーティドレスは肩が露出しているデザインのものも多くありますが、結婚式では肩を出した服装はマナー違反となります。肩を出したドレスの場合は、必ずストールやボレロなどの羽織物を身につけましょう。全体のイメージにもよりますが、ドレスに対してメリハリのある色のものを羽織るのが一般的です。バッグや靴などはドレスか羽織物の色に合わせて選ぶと全体のまとまりが出ます。首元や耳、手首などにはアクセサリーを付けるのが基本です。金属のものではなく、真珠のアクセサリーを身に着けるのが一般的となっています。髪も派手すぎない程度に華やかにセットしましょう。カチューシャなどの髪飾りを付けるのも良いです。基本さえ押さえていれば、コーディネートにさほど悩むこともなくなるでしょう。

低価格・高品質のドレスですが、ネットでのお買い物も安心できるよう商品情報を豊富に掲載しています。 海外生産により、低価格なのに高品質な「お値段以上」のオリジナルドレスが100点以上! オリジナルサイトと楽天サイトを用意し、ご購入いただきやすいようサービスを提供しています。日本全国どこでも送料無料!離島の方にも嬉しいサービスを提供しています。 普段にも使えるパーティドレスが豊富な「Night1」