人気の高いパーティドレスはこんなドレス

せっかく結婚式にお呼ばれしたのであれば、素敵なパーティドレスで出席したいところです。王道のデザインから流行りのデザインまで様々なドレスがありますが、まずはマナーとして避けた方が良いデザインやカラーもしっかりと把握しておきましょう。当たり前のことではありますが、結婚式の主役は新郎と新婦です。そのため白や薄いクリーム色などウエディングドレスを連想させるドレスは避けなければいけません。また身体のラインが強調されるタイトなドレスもタブーとされている他、腕が出ているデザインのドレスであれば隠すためのショールやボレロ、ジャケットなども用意しておくと良いでしょう。ただ最近では結婚式にもフォーマルなものからフランクなものまでいろいろな形式があるので、神経質になり過ぎる必要もありません。周囲への配慮を忘れず、最低限の基本的なマナーを把握しておくことが大切です。

一着は持っておきたい王道のパーティドレス

初めてパーティドレスを購入するのであれば、やはり王道のタイプを一着は持っておいた方が良いでしょう。特に若い世代に人気とされているのは膝丈のAラインスカートのタイプです。清楚で上品な印象も与えつつ、フリルやリボンのついているデザインであれば女性らしさもアピールすることができます。袖のあるタイプでカラーもネイビーを選べば親族側の出席であっても問題なく着ることができるので、トレンドに左右されないデザインに注目してみるのもおすすめです。ただし購入するときは全身のバランスをしっかり見ておくことも大切です。いざ着てみると高身長の人の場合は丈が短すぎてしまうことや、逆に小柄な人の場合は長すぎてバランスが悪いといったこともあります。またお呼ばれの場合は座る場面も多いため、丈が少し上がってしまうことも考えておく必要があると言えます。

周囲と差をつけたいときのパーティドレス

大人な女性を演出したいのであればパンツスタイルのパーティドレスも人気です。以前は結婚式にパンツスタイルはマナー違反と言われていましたが、最近では柔軟に受け止められていることの方が多いといえるでしょう。ただしスーツのように着こなしてしまうことは避けなければいけません。ワンカラーでシンプルなデザインも多いため、素材や細かいディティールにはこだわることが大切です。例えばトップスはふんわりと女性らしいデザインのもので、レースや光沢のある素材を使っていればよりドレッシーに見せることができます。パンツの部分もサルエルタイプなどを選べば足首がほっそり見えるスタイルになるでしょう。アクセサリーやカバン、ショールやボレロをバランスよく取り入れることで華やかなスタイルにも仕上がります。周囲と一味違うスタイルに挑戦したい人にもおすすめのパーティドレスです。