素敵なパーティドレスが買えるところはこんなところ

結婚式などの華やかな場所に着ていくのがパーティドレスです。パーティドレスにはとても長い歴史があります。パーティーというと、昔は民族衣装を身にまとうのが正装であると考えられてきたのですが、15世紀ごろの中世ヨーロッパの貴族文化時代にドレスを身にまとうことが増えてきていました。皆さんもご存知かと思いますが、マリーアントワネットがドレスを着ていますが、現在のようなドレスが作られるようになったのはこの時代からなのです。このころのドレスはとても着るのが大変で、人の手を借りなければならないとドレスを着ることができなかったという状態でしたが、時代の流れとともに形やデザインを変え進化をして今のパーティドレスに辿り着いていくのです。では人気のあるパーティドレスにはどのようなものがあるのか、また失敗しない選び方をするためのポイントをいくつか挙げていきます。

パーティドレスは女性らしさを出すアイテム

現代のパーティドレスは、可愛らしいものもあれば、大人びたセクシーなパーティドレスもあります。ホルターネックやワンショルダーなどデザイン種類もたくさんあります。生地はシルクやドレープ素材といった薄地の生地を使ったものが好まれているようです。パーティドレスを身にまとう機会はたくさんあるわけではありません。同窓会や結婚式の2次会、レセプションパーティーなど、種類や規模によって様々です。明確なドレスコードはないので比較的自由に選ぶことができます。だからと言ってどんなドレスでもいいわけではないのです。昼のパーティーなら露出は控えめで、夜のパーティーなら、少し大胆なドレスで女性らしさを出すのもいいと思います。では実際にどんなことに気を付けていけばいいのかまとめていきます。

パーティドレスのマナーと選び方

パーティドレスというと自分自身を着飾ることに目が行きがちですが、どんなドレスを着たらいいのか悩まれる方も多いと思います。パーティドレスを選ぶ基準として考えるのには、清潔感があり、シンプルで華やかなパーティドレスを選ぶように心がけましょう。結婚式などのお祝いの席なら花嫁よりも目立つようなドレスは控えましょう。目立たない刺繍やラインストーンがついているものなら許容範囲内ですが、カジュアルになりすぎないように気を付けていきましょう。会社でのパーティー行事などでは上司が来られる時がありますので、その際には華美でないフォーマルなドレスを選ぶようにしましょう。また、いずれの場合も人と会うことが前提となってきますので胸奥が見えないように、体にフィットしたドレスを選ぶとよいでしょう。